華育の特色

本センターでは卵子・精子凍結、AIH(人工授精)、IVF(体外受精)及び卵子・精子提供のマッチングサービスを行っております。患者様それぞれの状態と医師のアドバイスを元に、 ICSI(顕微授精法)、PGS(着床前スクリーニング)、PGD(着床前診断)等の技術を併用することで妊娠の確率を上げることができます。

このページでは、より詳しく本センターの特色をご紹介しています。

ICSI(顕微授精法)とは、顕微授精では理論上卵子1個に対して精子1個だけあれば受精が可能となり、非常に精子が少ない方や通常の体外受精・胚移植では受精できない方などに向いている治療法です。

PGS(着床前スクリーニング)とは、検査して正常な受精卵だけを移植する治療法です。日本ではまだ臨床応用が認められておりませんが、欧米ではPGDよりも数多く行われています。

PGD(着床前診断)とは、体外受精してできた胚を検査し、染色体が正常な胚だけを子宮内に移植することで流産を防ぐ治療法を、着床前診断(PGD:Preimplantation Genetic Diagnosis)といいます。

 

精子や卵子、胚の取り違いを防止

RI WitnessRI Witness

台湾で初めてCE認証を取得しているセキュリティマネジメントシステムRI Witnessを導入。RI Witnessとは、ICチップが埋め込まれたRFIDを用いて「誰が何を どこで いつ行ったか」というプロセスを管理できるシステムです。

 

科学技術を利用することで自動的に生殖過程のそれぞれの検体と患者様を認識することが可能になる他、そのプロセスを完全に記録することで精子や卵子、胚の取り違いを防止することができます。

Time-Lapse動画を撮影

24時間胚の状況を観察でき、胚をインキュベーターから出すことで起こりうる胚へのストレスを減らすことができます。

 

全ての胚は恒常性を保ったまま、専属の容器でなるべく母体に近い環境の下で培養されており、24時間胚の成長を連続的に観測することができます。胚の完全な成長記録をプレパパ、プレママのために撮影し診察中に医師と一緒に胚の成長を撮影した動画を見ることも可能です。

 

CASAコンピューター精子運動自動分析装置。コンピューター分析を行い、映像を記録する全自動システムです。生殖医学統合管理システムを開発、それぞれの検査、映像、ラボの記録、カルテ、記録の伝達などを管理します。

 

中国医学特別外来

李静姿医師は中国医薬大学を卒業後、台湾で有名な中国医学の陳榮洲教授の教えを引き継ぎました。その後、中国南京に渡り中国医学の名医である夏桂成教授、談勇教授を師とし学んだ後、中西医婦人科統合医学を修めました。

台湾に戻った後、長期に渡り病院にて(中国医も西洋医学も理解する)中西医結合治療に従事してきました。患者様により良い治療とケアが受けられるように、特に不妊症に悩む女性の「母になりたい」という夢を叶えるために力を注いできました。

排卵前の時期は中国医学の治療で卵胞がより成熟になるように手助けし、排卵を促します。治療に入る前には、中国医学の治療により卵巣機能の改善を図り、卵子の質を上げることができます。治療中は中国医学の治療により子宮内膜の受容能力の改善と妊娠率を上げることができます。

 

全ての検査結果は遺伝学の権威である林怡慧医師より患者様にご報告させて頂きます。林怡慧医師率いる遺伝カウンセリングチームには遺伝カウンセリング顧問、臨床経験のある遺伝カウンセラー、技術センターの主任、医学主任、技術員などがおります。

 

 

不妊治療中、女性が必要な全ての健康診断、着床前診断、子宮鏡検査、中国医学による身体の調整など全て本センター内で行います。検査や診察のためにあちこち出向く必要がありません。大事なあなたの時間を有効に活用していただけます。

 

また、華育は優雅な雰囲気溢れる街路樹沿いにあります。派手な看板はなく、オフィスビルの中にひっそり隠れています。不妊治療のために来られる患者様は周りの視線を気にする必要はありません。私たちは心地よく生命力に富んだ医療環境を提供いたします。