院長紹介

院長紹介

徐明義(ジョ メイギ)院長

徐明義院長徐明義院長

徐明義(ジョ メイギ)教授は世界で初めて排卵誘発による体外受精を行ったアメリカの体外受精の父ことHoward W. Jones夫妻からその技術を師承し、Jones Institute For Reproductive Medicineにて五年あまり研究医を務めました。

 

Howard W. Jones夫妻率いるチームにて、女性不妊、体外受精、精子と卵子の受精の過程、男性不妊・機能障害を長きにわたり研究。精子受精機能障害の検査キットを開発研究に携わり、国際特許の取得も果たしました。

 

たくさんの学びと優れた成果を上げ、台湾に戻り皆様の元で本センター開業に至りました。

 

婦人科を研究すること二十数年、国際的に多嚢胞性卵巣症候群と卵巣機能を研究してきた権威として、国際的な有名学術雑誌にて論文を発表、学会でのスピーチ依頼も多数受けました。

 

また、台湾の科技省(日本の文部科学省に相当)から依頼を受け、香港政府の健康と医療研究計画など国の研究開発の初審及び副審を担当しました。

現在

  • 華育不妊治療センター 院長
  • 教育部部訂教授 教育部(日本の文部科学省に相当)認定教授
  • 台湾産婦人科医学会理事
  • 世界中国医学薬学会連合会生殖医学専門委員会第二回理事会副会長

これまでの経歴

  • 台北医学大学医学部産婦人科専任教授
  • 台北医学大学萬芳医学センター産婦人科主任
  • 台北医学大学萬芳医学センター生殖医学研究室主催者(PI)
  • 台北医学大学にて師賞を受賞(保護者、学生、その他教師などから尊敬される教師に贈られる賞)
  • 萬芳医学センター教学部主任
  • 萬芳病院教師育成センター主任
  • アメリカ生殖医学会オフィシャル雑誌 (Fertility and Sterility)のレビュアー
  • アメリカ生殖医学会開院
  • Jones Institute, medical fellow Department of Obstetrics and Gynecology Eastern Virginia Medical School, Norfolk, Virginia, USA

 

本センターの医師紹介

李靜姿医師

李靜姿醫師李靜姿醫師

李靜姿医師は中國醫藥大學を卒業し、台湾の有名な中国医学の教授である陳榮洲に師事し、その後、中国の南京で有名な古漢医学の教授である夏桂成と談勇教授に学び、中国と西洋の統合された医学と婦人科を学びました。

 

台湾に戻った後、彼女は長い間病院で漢方医学と西洋医学の統合治療に携わっており、患者は特に不妊症の治療とケアが行き届いており、多くの女性が母親になるのに役立っています。

専門

さまざまな婦人科疾患および小児疾患、出生前および出生後の条件付け、妊娠を支援するための漢方薬による試験管治療、および中絶。

林怡慧医師

林怡慧醫師林怡慧醫師
現職
  • 萬芳醫院 婦產部 主治醫師
  • 萬芳醫院 婦產部 細胞遺傳中心負責人
  • 創園生技醫學主管
経歴
  • 萬芳醫學中心染色體實驗室主任
  • 馬偕紀念醫院婦產部住院醫師
  • 馬偕紀念醫院婦產部優生保健研究員

張宇琪医師

張宇琪醫師張宇琪醫師
  • 女性の更年期症状と骨粗鬆症の評価と治療
  • 女性の泌尿生殖器症状と間質性膀胱炎の治療(頻尿、尿意切迫感、夜間頻尿、尿漏れ)
  • 若年層女性の身体の健康の評価と治療
  • 閉経期の生体均質ホルモン療法
  • 更年期の女性のためのアンチエイジング治療
  • 女性のプライバシー処理(膣の修復と再建 、PRP 注射、電波、手術)
  • 陰唇形成術および処女膜再建手術
  • STDスクリーニング
  • 婦人科がんのスクリーニング