研究室の紹介

ラボが中心+

ラボが中心+ラボが中心+

華育不妊治療センターはラボを中心に設計されており、採精室、採卵手術室、移植手術室がすぐ横にあります。

 

それぞれの空間には空気の清浄とコントロールを行う装置と一定の温度を保ったまま検体を運べる通路があり、検体を扱う過程において検体が何らかの影響を受ける可能性を低くします。

 

胚の培養室の温度と湿度は厳しく管理、記録されており、培養室内の環境を安定したものに保つ為の検討が重ねられています。

 

その他、培養室の清潔度はクラス1000を維持しており、Coda Towerも配置することでほこりや揮発性を有する気体が検体に与える影響を避ける役割を果たしています。

RI Witness System

 

 

RI Witness SystemRI Witness System
RI WitnessRI Witness

華育不妊治療センターはRI Witness Systemを使用することで、治療中のあらゆる場面で正確に患者認証を行います。

 

また検体と連動することで継続して観察を行い、捜査過程における人的ミスの可能性を減少させることが出来ます。

 

その他のメリットとしては、胚培養士などスタッフが作業を正確に効率良く行うことができ、作業のトレーサビリティと品質管理を実現させることでラボのリスクを減少させます。

 

このシステムに対する研究結果によると、RI Witnessは正確に全てのラボのプロセスを記録し、人為的ミスの発生率を安定に抑えることが出来るとのことでした。

 

同類の臨床ラボが公開したパーセンテージは0.2~5%と低く、データから分かるように明らかに短期間の内にシステムの使用状況の改善が可能となりました。

インキュベーター

インキュベーターインキュベーター

本センターで使用しているのは蓋付きのインキュベーターで、卵子や受精卵それぞれ一部屋で培養を行います。

 

何度も開閉を繰り返すことで培養温度に影響を与えることを防ぐことが出来ます。それぞれに独立のチューブラインがあり、超高純度ガス99.999%を使用することで最良の培養環境を作ります。

タイムラプス監視システム

タイムラプス監視システムタイムラプス監視システム

本センターでは最新のタイムラプス監視システムを導入し、胚をインキュベーターから取り出すことなく正確に胚の成長を観察すると共に記録することが出来ます。また、専門知識を用いて患者様に最適な胚をお選び致します。

無菌操作が可能な設備

無菌操作が可能な設備無菌操作が可能な設備

胚培養室と手術室は無菌操作が可能な作業台で連動しており、卵子を取り出した後から胚になるまでの間、安定した清潔な空気と温度の下、転送や保存を行うことが可能になります。

 

操作台には加熱の機能も備わっており、検体を操作する過程でも恒温の下操作が出来ます。

顕微操作システム

顕微操作システム顕微操作システム

本センターの顕微操作システムは操作台の中に設置してあり、操作を行う上での安定さ、清潔な空気と恒温の状態を作り出しています。

 

倒立顕微鏡をメインとし、顕微操作を行うアームとレーザー照射によるアシストハッチング機能を備えています。卵細胞質内精子注入法(ICSI)やアシストハッチング、着床前スクリーニングなどを行う際に用いられます。

受精卵と卵子の貯蔵タンク

受精卵と卵子の貯蔵タンク受精卵と卵子の貯蔵タンク

本センターの貯蔵タンクは清潔な室内の貯蔵空間に設置されており、長期間に渡り卵子や受精卵をマイナス196度の液体窒素の中に保存、24時間の入体質管理と液体窒素保存量のデジタル管理を行っております。

 

全てのデータは専門のシステムで入出庫及び保存期限の管理を行っており、人的ミスにより患者様に何らかの損害が発生するのを防いでいます。

男性不妊の検査室

男性不妊の検査室男性不妊の検査室

検査室には全自動精子運動解析装置が配置されており、この装置はコンピュータと連動して検体である精液を分析し、医師と患者様に更に正確な精子の量、運動率や形状などを提供することで、その先の治療に役立てます。

 

また、ラボには無菌操作が可能な作業台や温度調整可能な遠心分離機、凍結設備が備わっており、その後行われる精子の洗浄や凍結、融解作業を行うことが出来ます。