感謝の手紙

【AMH1.0 体外受精(IVF)治療一回で成功!】

2022/05/31
38歳の私  来年はようやく母の日を迎えられそう
妊娠がこんなに大変だとは思わなかった  ママになる夢を体外受精で叶えることができた

まさか自分が子供を産めないとは思わなかった。
妊娠は難しいことではなく、母が6人の子どもを産んだことを考えると、妊娠、出産は鶏が産卵するのと同じくらい簡単だとさえ思うのです。

しかし、仕事のプレッシャー、外食ばかり、乱れていた生活のリズム、夜中にドラマを見ることも多いことから、自分のライフプランに子どもを持つことは入っていませんでした。

ある結婚式で、結婚した同級生のほとんどがすでに親になっているのを見て、
「いつ子供を作るんだ?」と矢面に立たされたんです。

その時、ふと「35歳の私は、もう#高齢妊婦なんだ!」と気づきました。
それ以来、1年半をかけて自然妊娠を目指したものの、全く音沙汰がなく、インターネットで解決策を必死に探し、年長者のアドバイスに従い、半年間漢方薬を飲んで体調を整えたが、それでも失敗しました。
漢方医から#華育生殖医療センターを紹介され、体外受精の道を歩み始めたのです。

体外受精は、私の人生で起こるとは思っていなかったものです。
初めて華育の外来に来た時、徐院長先生からまずAMH検査をするように勧められました。
まさか1.0という数値が出るとは思っていなかったので、本当にショックでした。

院長先生から「同世代の半分の指数」と言われ、すぐに体外受精を選びました。
華育での治療期間中は、すべてが順調に進みました。

2回の採卵で計9個の卵子を採取し、そのうち2個が胚になりました。着床成功後、7月に小さいな命が誕生する予定です!

来年の5月に母の日を迎えることができそうです、ええ✌。
私と同じように悩んでいる方、
ぜひこのチャンスを逃さないで、
華育に来て試してみてください、本当にお勧めですよ💓👍!

【高齢でも妊娠可能!華育赤ちゃん誕生!】

2022/05/05
41歳の彼女も新しい命を迎えた

#華育赤ちゃん誕生したよ #高齢でも妊娠可能

若い頃は、人生の中で「努力だけでは達成できない」という問題に直面するとは思っていませんでした。この問題は「不妊」です〜。
結婚して何年も経ちましたが、周りの人からよく若いうちに早く赤ちゃんを産んだ方がいいよと言われました ! !

この時どうしようもないことがすぐに頭に浮かんでしまう…。

「不妊症」を知らない状態から、知り、経験するまでの過程には、不妊に遭遇していない人には想像を絶するものであり、理解もできない多くの涙と血があるのです。

治療が行われるたびに、腹に次々と針が刺さり、次から次へとあざができ、さらに検査、薬の投与、注射、採血、結果を待ち、報告を受け、落ち込むなどという無限ループに落ち、財布もやせる一方で、数え切れないほどの人工授精(IUI)と体外受精(IVF)が失敗に終わるだけ!

2021年の初めに友人から華育を紹介されました。
徐院長と華育チームを知り合ってから、
長年の努力と失敗の末にようやく光が見えてきたのです。

2021年8月以降、私達夫婦にとって感動の思い出となりました。
徐院長が私たちに「おめでとう」と言い、「心音」を聞き、胚の成長を見守り、胎動を感じ、この道のりに同行し、助けてくれた徐院長及び華育チームの皆様に感謝します。そして赤ちゃんも成長し、無事に生まれ、私達のところに来ました。彼が初めて泣き声を出した時、本当に本当に嬉しくて感動しました。私たちの家族に新たな成員を迎え、新しい声いっぱいで新生活をスタートすることとなりました。

まだまだ頑張っているご夫婦も~無事に妊娠されますように~お祈りいたします。
そして「信じられることは達成できる」ということを心に刻んでください。 (ナポレオン・ヒル、成功哲学の祖)
-ベビーママの心より

華育をお選びいただきありがとうございます
華育を信じれば、良い妊娠ができる

#華育生殖医療センター #不妊検査 #不妊クリニック
#台北不妊症 #台北不妊クリニック #卵子凍結 #不妊症 #体外受精
#人工授精(IUI) #高齢出産 #体外受精助成金#生殖医療センター
#不妊補助金 #卵子提供 #卵子凍結費用 #台北の卵子凍結
#華育を信じれば、良い妊娠ができる

【フクロウのハートビート】

2021/05/24
最初に人工授精について相談したことを今でも覚えています。
ある日突然、カウンターから私への訪問客が来たという連絡があり、
最初の一言が「体外受精の相談をしたい」だったのですが、
まだ30歳にもなっていないのに驚きました。

あなたは「多嚢胞性卵巣症候群でうまく排卵できないけど、どうしても早く赤ちゃんが欲しい、何度も夫と話し合い、やっと理解してもらえた」と、ご自身の体調不良やプレッシャーを訴え、涙を流されましたね。

「多嚢胞性卵巣症候群の場合、通常同じ年齢の人よりも採卵数が多いので、より多くの胚を作ることができ、1回の体外受精で2人目、3人目を迎えることができるかもしれません。だから、ラッキーと思うべきなんです。」
こんなこと言っておいて、やっと笑顔を見せてくれるんだ、という感じです。

まもなく治療に入り、3日目の胚2個が移植され、両方ともスムーズに移植され、赤ちゃんの心臓鼓動を見ると、フクロウの顔のように見えます。
台湾では、フクロウは原住民のブヌン族のコウノトリであり、赤ちゃんの守り神でもあり、赤ちゃんを守り、無事に出産できると信じています。

【言葉の壁を乗り越えて、台湾在住の日本人がうまくママになる】

ご夫婦とも台湾在住の日本人で、結婚3年目で妊娠していません。新型コロナウイルスの影響により、日本に帰れなくなったので、台湾で積極的に妊娠の準備を始めることにしました。
奥様は台湾に来て約1年、中国語を学ぶために家庭教師を雇っています。日常の語彙は問題はありませんが、専門的な医学用語は外国人にとって大きな障壁となっています。華育には、日本語のコミュニケーションができるコンサルタントがいますので、華育で治療を受けることを選択しました。
問診に来るたびに、奥様は前向きで楽観的な性格の人に見られます。台湾での日常生活についてお話しながら待合室で診察の順番を待ちます。「夫が付き添って診察を受けることより、華育のスタッフはそばにいてくれた方が安心です。ありがとうございます!」と奥様は言いました。社交辞令かもしれませんが、ご夫婦様のお役に立てて私も嬉しいです。
あなたの赤ちゃんはあなたと同じように健康で美しくなります!

【夢をかなえる・高齢ママの妊活の感想】

2021年、私は結婚してからもうすぐ二年目になります。子供を望んでいたので、最初からゆっくりするつもりなんですが、1年以上妊活することを努力して、なかなか妊娠していないです。私はベテラン熟女として、緊張しました。
私の友達は、華育生殖センターを知り、熱心に私を紹介してくれたので、私も大きな勇気を持って、華育が徐院長に問診と詳細検査を求めることを期待しています。

生殖の権威である徐院長から丁寧に解説していただき、ありがとうございました。私はすぐに体外受精の治療に入りました。最初は自分の卵胞を育るために、ずっと針を受け、毎週診察を受けて、卵胞がうまく成長しました。苦労して注射する過程はすべて価値がある。最後の採卵と移植手術を行うに至っては、胚盤胞が順調に着床することが期待され始めている。約12日後に再診して妊娠検査を受けて、いい結果でした。私は涙を流すほど喜んで、すべては徐院長の専門と自分の努力に感謝します。妊娠期間は全部で9ヶ月と3週間で、2022年4月に主人との子供『愛の結晶』を迎えました。

私は華育に感謝し、徐院長夫妻の専門と付き添いに感謝し、紹介者の関心と励ましに感謝し、華育のスタッフ全員の細心の配慮に感謝します。
すべてのことに感謝します。

お問い合わせ
LINE ID : @hyivf
@を忘れずに!
※このLINEは中国語で配信しておりますが、日本からメッセージを送信することが可能です

 

【華育赤ちゃんの祖母からの感謝のメッセージ】

これは私のかわいい孫娘です。まだ生まれて12日になったばかりで、華育で不妊治療を受けて2人目の赤ちゃんです。彼女の可愛い姿を見て、心の中には感動と感謝がいっぱいです!三年前、初めて華育に会ったことをはっきり覚えています。心と直感に従って、「ここだ」と華育で治療を受けることを決めました。

徐院長にご丁寧でご親切な対応をいただき、もともと不安な心を抱いていた嬢はやっと安定しました。そして治療を受けて、意外と1回で妊娠することができました。
娘は勝利に乗じて2年後にまた華育に治療を受けて、今回も順調に妊娠して、無事出産できました。
華育を見つけて本当に幸運としか言いようがないです。華育は徐院長が率いる専門チームで、どれだけの家庭を幸せにし、どれだけの人の父と母の夢を実現しました。今、私の孫嬢の笑い声を聞いて、心の中は華育に対する感謝に満ちています!

私の嬢のように当時子供を求める道を彷徨っていた多くのあなたたちも、諦めないでください。私の嬢のように勇気を出して華育に入り、子供を求めることは専門の華育医療チームに頼んで、あなたたちも夢を実現することを望んでいます。

お問い合わせ
LINE ID : @hyivf
@を忘れずに!
※このLINEは中国語で配信しておりますが、日本からメッセージを送信することが可能です