日本の皆さんへ

日本からお越しの方へ

日本からお越しの方へ日本からお越しの方へ

何度も台湾に来るのが難しい方には、初診で来られた際にお薬を持ってお帰り頂くことで、その後は2回のみ台湾にお越しいただければ結構です。

 

治療にかかる日数はおよそ16日間となります。ただし台湾滞在のご都合がつけやすい方などは、患者様ご自身にとって最良となる治療スケジュールを医師とご相談いただくことをお勧め致します。

体外受精治療について

体外受精(In Vitro Fertilization,IVF)治療とは、体外で受精し培養した受精卵を母体の子宮内に移植することで妊娠を促す治療方法です。体外受精治療の過程は排卵誘発、採卵、受精、胚移植、妊娠判定までとなります。

治療のポイントは女性の内分泌の変化をコントロールし、排卵を誘発後より多くの成熟な卵子を育てます。治療には適度のお薬を使用し、その量は患者様それぞれの状態に合わせて調整いたします。

卵子が成熟するタイミングを正確に把握、手術により卵子を取り出しラボにて精子と受精させます。受精卵はラボで培養し、再度患者様の子宮に移植します。そのため、試験管ベイビーという呼び名もあります。移植後は胚が子宮内で順調に成長するようだけとなりますので、体外受精治療の妊娠率は他の不妊治療と比べても高いものとなります。

体外受精治療に適している方

  • 受孕。卵管閉塞の方:精子と卵子が正常に出会うことが出来ず、体外受精の方法でしか受精することが出来ない場合
  • 精子の質が悪い方:精子の数が少なく運動率も低い、そして正常形状率の低い方や採精が困難など男性不妊の問題がある場合
  • 何度も人工授精治療に失敗している方は、原因不明かもしくは一般的な人工授精の技術では解決できない原因で妊娠のチャンスを逃していることが考えられます。体外受精治療に進むことがより良い選択かもしれません。
  • 重度の子宮内膜症をお持ちの場合、人工授精治療の成功率は比較的低く、体外受精での妊娠率の方が比較的高くなります。
  • 35歳以上の女性は、体外受精治療を選択することでより早く効率よく妊娠するチャンスが得られます。

治療の流れ

どのタイミングでも初診にお越しいただけます。生理中でもそうでなくても、医師の診察を受けることで、あなたに最適な治療プランを作成いたします。

初診ではカウンセリングの他に不妊治療を行う上での基本的な検査を行います。検査内容は、血液検査、尿検査、精液検査、エコー検査、子宮鏡検査などです。

まずは基本的な検査を行った後に、徐医師が患者様の状況に合わせてアドバイスを致します。もう少し運動をした方がいいのではないか、中国医学で身体の調整を行った方がいいのではないかなど、身体の状態をより良いものにしてから治療に入ることでより良い結果を得ることが出来ます。

 

治療の大まかな流れ

※この治療計画は参照用であり、個々の状態によって異なります。

  • STEP1
    初診
    日程 2日間
    診療内容 カウンセリングの他に血液検査、尿検査、精液検査、エコー検査、子宮鏡検査などの基本的な不妊検査が行われます。

    専属の生殖カウンセラーがつき、患者様への治療内容のカウンセリング、お薬に関するご質問への回答、結果報告などを行います。

    治療に関しては患者様それぞれの状況により内容が異なり、また慎重に進めていく必要があるため、過去に何度検査や治療を受けられていたとしても、過去の資料や検査結果などをお持ちいただくことをお勧め致します。本センターの医師とのカウンセリングによって信頼関係を築いていただければと願っております。

  • STEP2
    2回目の台湾【排卵、受精を誘発】
    日程 7日間
    診療内容 月経7日目と8日目に台湾に行き、同意書とご夫婦双方のパスポートの原本とコピー、戸籍謄本、結婚証明書および関連書類を提出します。
    • 生理周期の2日目よりお薬をスタートします。排卵のお薬で卵巣を刺激することにより卵胞の数を増やします。排卵誘発のお薬には飲み薬の他に注射のものもあります。
    • 生理7、8日目に台湾にお越しいただき、同意書とご夫婦双方のパスポートの原本とコピー、戸籍謄本などの結婚証明書をご提出ください。
    • 平均しておよそ生理12日目に採卵となります。全身麻酔をかけ、経膣エコーのガイドの下、採卵手術を行います。採卵にかかる時間はおよそ30~60分ほどです。術後、傷は残りません。本センターで60分ほどお休みいただき、特に不調が無いようでしたらご帰宅となります。
  • STEP3
    3回目の台湾【子宮内膜培養、胚着床】
    日程 7日間
    診療内容 子宮内膜培養、胚着床
    • 採卵当日に受精させます。先にご帰国いただき、ご都合の良い周期に台湾にお越しになって移植となります。
    • 胚の培養報告書:採卵手術の翌日にメールやLINEにて受精の状況をご説明いたします。胚の培養報告書は移植当日にお渡しいたします。胚が成長する過程を捉えたタイムラプス動画の鑑賞をご希望の場合、採卵前に医師にお知らせください。

必要書類

初診の際は下記書類をお持ちください。

  • ご夫婦双方の身分証原本
  • 外国国籍の方はご夫婦双方のパスポート
  • 結婚証明書
  • 半年以内に行った性感染症の検査結果
  • カルテや過去の検査結果など

 

台湾で婚姻届を提出されている方

ご夫婦共に身分証の原本をお持ち下さい。身分証の裏面には配偶者の内容が記載されている必要があります。もしご夫婦のうち片方が外国国籍の方の場合は、戸口名簿(台湾の住民票:ご提出時からさかのぼって3ヶ月以内のもの)をお持ちください。

台湾以外の外国で婚姻届を提出されている方

(身分証の裏面に配偶者の記名が無い方)

台湾に来られる前に居住国の台北経済文化交流処にて戸籍謄本の認証手続きを受けてお持ちください。

治療中に行う検査

海外在住の方が体外授精治療中に行う可能性のある検査や治療は下記のとおりです。

  • 子宮鏡検査
  • エコー検査
  • 採血検査

お薬について

Pergoveris パーゴベリス

PergoverisPergoveris

思春期前の停留精巣、脳下垂体成長ホルモンの分泌不全により生殖腺機能障害、黄体ホルモン機能不全が引き起こされる。

  • 注射部位に短時間で消える軽度の赤みと痒みが出る可能性があります。
  • もし不快感、嘔吐、頭痛、お腹の腫れ、腹痛などの症状が出た場合、卵巣過剰刺激症候群の可能性がありますので、医師の処方どおりの量を守って頂くことで上記のような症状が起こる可能性を下げることが出来ます。

注射の打ち方

  • 両手を清潔に洗います
  • お薬の瓶と溶解液のアンプルの蓋を開け、アルコール綿でゴム蓋の部分を消毒します。
  • 3ccの空の注射針を使い、1ml程の空気をアンプルに注射し、アンプルを上下に振ります。その後アンプル内の全てのお薬を吸いだします。
  • 溶解液を全てお薬の瓶の中に注射し、ゆっくりと混ぜます。その際激しく振ることはしないで下さい。
  • 3ccの空の注射器を使い、混ぜ合わせたお薬を医師の処方通りの量吸い上げます。
  • 27G針に付け替え、注射針を上に向けながら注射の筒の部分を弾くようにして気泡を先端に集めます。少しずつ気泡を押し出しながら、注射針から一滴の薬液が出れば結構です。
  • お臍から指2本分左下か右下の位置に中央から外へ円を描くように消毒し、皮膚をつまみます。注射針が90度の角度で皮膚に刺さるようにし、ゆっくりとお薬を注入してから針を抜きます。注射部位をアルコール綿で1分ほど軽く抑えます(揉む必要はありません)。
  • ご使用後の注射器や注射針、ガラス製のアンプルなどはお手元に置いておいて頂き、次回の診察の際にスタッフにお渡し頂ければ結構です。

 

 

 

卵子凍結

卵子凍結(Social Egg Freezing, SEF)は女性が年齢と将来設計を考える上で、生育権を守る最良の方法です。高齢の女性が染色体異常を持つ胎児を授かる可能性が高く、その主因となるのが卵子の老化です。

 

 

精子凍結
華育- 卵子凍結

昔は男性はたとえ70歳になったとしても健康な赤ちゃんを産むことが出来ると思われていました。しかし最近の研究により、このような赤ちゃんは先天性異常や精神分裂、自閉症のリスクが、若い男性の精子に比べて高くなることが分かってきました。

 

卵子・精子提供

不妊の原因は複雑で様々であり、卵巣や精子・卵子の質もそのうちの一つとなります。妊娠が難しい夫婦にとって、ドナーから提供される生殖細胞は彼らに幸せをもたらすものであり、愛を引き継いでいく喜びを得られるでしょう。

 

その他、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。